私たちのやっていること

生ごみリサイクルの普及活動

ダンボールコンポストの開発

可燃ごみを減らすには、各家庭の生ごみを減らすことが重要だとわたしたちは考えています。
そのために、家庭で気軽に取り組めるダンボールコンポストを開発しています。思考錯誤しながら、市民の皆さんが取り組みやすい方法を日々研究しています。

ダンボールコンポスト講習会の開催

初めてダンボールコンポストに取り組む方でも安心して取り組めるように、市民の方ならどなたでも参加できる、ダンボールコンポスト講習会を開催しています。(詳しくはこちら

地域への働きかけ

家庭の生ごみリサイクル率を上げるためには、地域単位で減らす工夫が必要だと考えています。市内各地域に働きかけをし、どのような方法が向いているのかを研究しています。

講座の開催

エコクッキング講座

私たちは生ごみを出さない、捨てないをモットーに活動しています。
料理をすると必ず出る生ごみですが、調理次第では生ごみを出さない、出しても少量という工夫ができます。またそのような工夫をしながら、普段の食事の中で栄養価を高める調理方法を野菜ソムリエプロに教わりながら学ぶクッキング講座です。
開催予告は当サイトまたは日野市広報にてお知らせします。

 

親子で夏休み自由研究講座

ダンボールコンポストを使って、夏休みの自由研究を行うことをお勧めしています。ダンボールコンポストは社会的学びと理科的学びが豊富に詰まっています。夏休みの前に講座を開いています。講座では、学齢に応じた研究の仕方など自由研究をサポートする「自由研究応援BOOK」を差し上げております!
開催予告は当サイトまたは日野市広報にてお知らせします。

教育活動

幼稚園・保育園・小学校で出前講座

私たちは幼稚園、保育園、学校などに出張し、子どもたちに「生ごみリサイクル・菌ちゃん野菜作り」を、楽しくわかりやすく伝えるサポートを行っています。生ごみで土づくりをして元気な野菜を育てるということは、生ごみの減量とともに、「食の大切さ」や「命の循環」を学ぶことができます。

生ごみリサイクル農園の運営

 

都市を生ごみで耕そう!

私たちは、日野市立第八小学校区約200世帯と有志ボランティアで「まちの生ごみ活かし隊」という生ごみリサイクル集団をつくり、家庭の生ごみを回収してたい肥化し、野菜や花を育てる「コミュニティガーデン せせらぎ農園」を運営しています。生ごみを畑の土に入れることで年間約30t以上の生ごみを減量しています。せせらぎ農園では、農体験を通じた食育や環境教育も行い、近隣住民・児童館・保育園・他市からの見学をあわせると、年間のべ4,000人以上が訪れる、生ごみリサイクルの情報発信地となっています。
詳しくはこちら

花壇プロジェクト活動

生ごみでまちをイロどろう!

私たちは、ダンボールコンポストでできたたい肥の効果を市民のみなさんに知ってもらうために、日野市内にある公共の花壇などでお花を育てています。
現在、生活・保健センター環境情報センター「カワセミハウス」、とうふ処三河屋万願寺店、吹上公園の花壇やプランターにてお花を育てています。お立ち寄りの際はぜひ足を止めて見てみてくださいね(^^)/

学びのために

 

見学会や講演会の実施

私たちは、ごみ処理関連施設の見学を行ったり、他市の生ごみリサイクル団体との交流会に参加したり、日々情報を集めています。他地域の団体とネットワークでつながることで多くの学びや情報を得ています。
また学んだことをより多くの方に共有できればと、講演会を企画実施しています。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました